いくら医学が進歩しているとは言え、ガンの発症は極力避けたいものです。

テレビや新聞などでも「これを行えばガンは防げる」といった情報を数多く発信していますが、それらには本当に効果を期待してよいものと、効果がないものとが入り混じっている状況となっています。

それでも、ガンに関する科学的な研究によって、ガンの発生確率を高める要因がそれなりに分かってきてはいるのです。

上記の例を挙げると、タバコを吸うことは肺ガンの発症確率を高める要因となっているため、肺ガンの発症を避けたければ、禁煙をすればよいことが理解できます。

日々の生活スタイルを変えてガンの発症確率を低くする

太り過ぎていたり、タバコやアルコールを摂取すること、運動をする機会がないことは、健康に悪影響を及ぼすことは明らかであり、ガンを発症する要因となっています。

中には『身長が高い』といった避けることが不可能な要因も存在しますが、身長が高いとガンになる危険性が高まることを理解することで、積極的に健康診断を受けるなどの対応も可能です。

逆にスポーツを定期的に行うことや、母乳を与えることはガンの発症確率を低くすることが判明していています。
例えばスポーツを定期的に行うことは結腸がんを防ぐ効果があるようです。

母乳に関しては子どもがいることが条件となってきますので、子どもがいない人の場合は乳がんの検査を極力受けるようにすることをおすすめいたします。

ここまでお話ししてきたことは、間違いなくガンの発症確率を高めるものです。

その他にも『ガンの発症確率をほぼ高めると言えるもの』といった根拠は見つかっていないものの、癌との関連性は極めて高いと思われるものは多数存在します。

例を挙げると、熱い食べ物などをいつも摂り続けていると、喉頭ガン、食道ガンの発症確率を高めるとみられています。

しかし、これはタバコと肺ガンのように数多くの研究が行われた上で因果関係が導き出したものではないので、注意が必要です。

食材でガンの発症確率を低くする

つづいて、食材がガンにどのように影響するのかを見ていきます。

ガンの発症確率を低くする食材に関しては数多くの情報が存在するため、実際にどれが真実なのかが理解できていない人も多くいらっしゃることでしょう。

この食材が間違いなくガンの発症確率を低くするというものは現段階では不明であり、『おそらく発症確率を低くするのでは?』といった程度にとどまっているわけですが、それらの中には野菜が多く存在しています。

ただ、専門家でもない限り、すぐに摂取する食材に関して気を遣うことは非常に難しいですので、まずは野菜を積極的に摂ることを意識するのがよいでしょう。

上記のことはタバコやお酒、運動とは異なり、今日からでもすぐに行えるものかと思います。