現在、ガンの治療を行う薬と一口に言っても、飲み薬、注射を含めるとおよそ100タイプが存在し、使用する期間、作用のメカニズムに関してもそれぞれの薬で異なっています。

そのため、素人側には非常に理解し難くなってはいますが、薬を2タイプに分けて考えると少しは理解しやすくなるはずです。

具体的には『抗がん剤』と『免疫賦活剤』となり、前者にはガンの殺傷能力が存在します。

一方、後者には殺傷能力が存在しない代わりに、ガンを殺傷することをサポートする力が存在するのです。

今回は『抗がん剤』の方を取り上げていきたいと思います。

抗がん剤による副作用

多くの人は抗がん剤には強力な副作用が存在しながら、よい効果は皆無だと思っていることでしょう。

副作用に関しては事実であり、抗がん剤の場合はガン細胞を殺傷する能力のほかに、ガンを発症していない細胞も殺傷すると言います。

その他の治療薬と比較しても副作用が強く現れることも間違いありません。

ガン細胞のみに働いてガンを発症していない細胞には働かないのがベストであり、それに関する研究を行ってはいるものの、開発までには至っていないのが現状なのです。

一般的な風邪薬のような場合は、大抵の人がそれを服用することで風邪がよくなり、副作用もめったに現れないということで、理想的なものとなっていますが、抗がん剤の場合は、良い効果と悪い効果(副作用)が同等といったものや、悪いものでは悪い効果の方が顕著に現れるといったケースもあります。

つまり、一般的な風邪薬などとは異なり使用するのが大変難しく、患者側からしても使用を躊躇ってしまう薬でもあるのです。

抗がん剤の副作用としてよく言われているのは、吐いてしまったり、髪の毛が抜けてしまったりすることですが、その他にも、白血球や血小板が少なくなることや、肝臓や腎臓の機能に支障が出ることもあります。

ただ、副作用に関しては薬次第といったところもあり、人によっても強さなどは異なってきます。

そして、病院側としてもできる限り副作用を軽減することや、個々人で起きる副作用を想定して軽減していくことに力を入れているわけですが、現在のところ副作用を100%起きなくする方法というのは見つかっておりません。

ここからは、どうして一般の薬と抗がん剤とでここまで状況が違ってしまっているのかを見ていきたいと思います。

薬というのは通常であれば、服用する量を多くすることでそれに合わせて効果も現れやすくなるわけですが、服用する量が増えれば副作用も現れやすくなります。

ただ、抗がん剤ではない一般的な薬ではかなりの量を服用しない限りは副作用を発症するまでには至らず、指示された量の10倍程度服用した場合でも死に至ることはないのです。

一方、抗がん剤の場合は前述したとおり、良い効果と悪い効果の大きさの関係が同等なものとなっており、悪い効果の方が強く出る場合もあるといったことから、使用する量が少量の段階から副作用が現れるわけですが、そこで止めてしまうと良い効果も現れてきません。

そのため、良い効果を得たいのであれば、副作用に関しては我慢するしかないというケースが抗がん剤の場合は多くなっています。

ただ、最近では違うタイプの抗がん剤を一緒に投与することで、副作用を小さくするとともに、良い効果を上げる『多剤併用化学療法』という方法も用いるようになってきました。

異なる性格を持つ薬を併用することで抗がん剤を用いた際のあらゆる副作用が軽減できて、軽減した副作用であれば、薬物有害反応防止剤で乗り切れるという考え方から上記の方法を用いているようです。

それを考えると抗がん剤を使用した際の副作用も今後は少しずつ軽減することが期待できると言っていいのかもしれません。